夏の和歌山を彩る「おどるんや〜紀州よさこい祭り」が30日㊐、マリーナシティで開幕する。8月5日㊏と6日㊐にはぶらくり丁や和歌山城など和歌山市内で実施。5日は49回目を迎える紀州おどり「ぶんだら節」と同時開催。よさこい祭りを企画するNPO紀州お祭りプロジェクトは「日常では感じ得ない、特別な3日間を堪能し、和歌山の未来をつくる元気の根源にしたい」と意気込んでいる。

 よさこいは、初参加8チーム、県外17チームを含む94組、3600人が11会場で踊る。5日午後8時58分から和歌山城砂の丸広場で、大旗や小旗に特化したパフォーマンス、祭りの歴史を紹介する「舞始道」。また、イオン会場や和歌山城西の丸広場では、30人未満のチームのみが出場するコンテストもある。砂の丸は、両日とも地元の32店が出店する「よっちゃげて旬店街」、西の丸は6日、鳴子やうちわ、メダル作りを体験できる子ども向けブースが並ぶ。

 同プロジェクト(073・426・4424)。

よさこい祭りスケジュール

7月30日㊐

 11:00〜18:00 マリーナシティ(ステージ)

 11:30〜16:00 マリーナシティ(パレード)

8月5日㊏

 11:00〜14:00 JR和歌山駅前

 11:00〜14:30 イオンモール和歌山

 16:00〜21:30 和歌山城砂の丸広場

 16:30〜20:30 ぶらくり丁(本町通り)

8月6日㊐

 9:00〜12:30 高松(車庫前通り)

 12:00〜17:00 モンティグレ

 13:00〜20:00 和歌山城西の丸広場

 14:00〜21:30 和歌山城砂の丸広場

 14:25〜20:30 けやき大通り