6月4日㊐まで、和歌山市吹上の和歌山県立博物館ロビー
 3Dプリンターで複製し、本物そっくりに彩色した仏像を展示。海南市の釈迦如来坐像や高野町の阿弥陀如来坐像(写真)など7体の細かな形状を直接さわって感じられる。点字と凹凸のある絵で解説する冊子『さわって学ぶ仏像の基礎知識』も設置。午前9時半〜午後5時。月曜休館
 同館(073・436・8670)