2017030407_syasinn

 坂田稔卒寿写真展 創造の黒と白〜国際写真サロン入選作併展…8日(水)〜13日(月)、県民文化会館大中小展示室。全日本写真連盟総本部顧問を務める和歌山市の坂田さんは戦後、アメリカの抑留生活から帰国した親類にカメラをもらったのを機に写真を始めた。1963年に故亀忠男さん主宰の葵フォトグループへ。現在は「写真は心の表現」を信念に、有田市の徒歩漁や岸和田市のだんじりなど伝統の継承に生きる人々の姿を、フィルムカメラを使いモノクロ写真で切り取る。自ら現像を行い、「デジタル全盛期だが、フィルムとモノクロで撮影し、微妙なグラデーションによる繊細な表現を追求しています」。同連盟主催の国際写真サロン入選作品を含め240点を展示。午前9時半〜午後5時(最終日3時)。坂田さん(073・422・9629)。