3月26日㊐午前11時、和歌山市鷺森の本願寺鷺森別院。戦国時代の鉄砲大将、雑賀孫市にちなんだまつり。正午の野外劇「雑賀孫市最強伝説」では、深作欣二監督の時代劇に多数出演する柴田善行さんが孫市、東映所属で映画『ラストサムライ』に出演した西村匡生さんが織田信長にふんし、日本屈指の殺陣師に数えられる2人が本格的なたちまわりを披露する。柴田さんは「他では見ることのできない殺陣です」。劇に華をそえるすさみ町出身の女優、七海薫子さんは「お芝居を濃くし、今までで一番面白くしたい」。
 午後0時半からは孫市鍋ふるまい、0時40分から彦根鉄砲隊、堺火縄銃保存会などによる鉄砲演武、1時10分から、和歌山市立博物館学芸員の太田宏一さんの解説で、映画『尻啖(くら)え孫市』の鑑賞会。このほか、ザ・ビートや和歌山のDJ4人によるアニメソングなどの音楽ライブがある。
 無料。雨天決行。孫市の会(073・460・8534)。

関連記事