11月2日㊍午後1時、和歌山市新堀東の妙宣寺。紀州藩藩校校長の妻で、幕末の和歌山での庶民生活を書きつづった川合小梅。小梅日記を楽しむ会が、命日に菩提寺で法要と講話を開く。会員の井上泰夫さんが、1867年に起きた「ええじゃないか騒動」について、小梅が書き記した文章をもとに話す。300円。希望者は中村さん(073・452・3399)。先着50人。