13日㊎午後7時、和歌山市三沢町の中央コミュニティセンター。日系3世のカナダ人映画監督、リンダ・オオハマさんは、2011年の東日本大震災に衝撃を受け、東北を訪れた後、映画化を決意。被災者インタビューを通じ、「何が人として大切か」「人生に必要不可欠なのは何か」を表現した。無料。和歌山国際姉妹都市親善協会(073・423・2588、岩橋歯科)。