3月3日(金)午後1時、和歌山市東長町の正住寺。法要・法話の後、小梅日記を楽しむ会の中村純子さんが川合小梅が書き残した日常のこぼれ話を、渡辺圭司さんが江戸末期に紀州沖を通過したロシア軍艦ディアナ号がその後、沼津沖で沈没したことと、代替船を日本で製造した意義を語る。500円。希望者は中村さん(073・452・3399)。