2016108_negoro11月6日(日)午後5時半、県民文化会館小ホール。

岩出市に伝わる民話をテーマにした音楽劇。その民話は、小野小町を愛した深草少将の伝説「百夜通い」がもとになっている。

根来山のふもとに住んでいた夫妻が小野小町の墓に祈り、念願かなって子どもを授かった。桂姫と名付け、大切に育てたが、姫の婚礼の日、住蛇が池(現在の住持池)から深草少将の化身とされる大蛇が現れ、さらわれてしまう…。

3000円。公演前にソプラノ歌手の尾上利香さんによる『ふるさと讃歌』独唱と、ピアニストの宮下直子さんの生演奏。県文、和歌山市民会館で取り扱い。