6月11日㊐まで、和歌山市小野町の西本ビル1階。島で暮らす人やアジアの少数民族、祭事など「人」をテーマに撮影する写真家の黒岩と、似顔絵作家として世界を巡り、3万人以上を描いた笑達が初めて故郷の和歌山で開く展覧会。共に1982年生まれで、現在は関西を拠点に活動する。今回は黒岩が撮影した島々やアジアの山岳地帯、メコン川流域で撮った人の写真、笑達が旅で出会った人、家族、友人を描いた似顔絵を展示。午前11時〜午後7時。期間中の㊏㊐は大判サイズの似顔絵受注会も。希望者は要予約(contact@and-nigaoe.jp)。詳細はフェイスブックのイベントページ。