2月3日㊏午後7時半、和歌山市本町のGATE。海南生まれで、日本を代表するディジュリドゥ奏者、GOMA(写真)。彼を中心としたバンド「GOMA&ザ・ジャングル・リズム・セクション」として2月14日㊌に発表する9年ぶりの新作アルバム『スターティング・オーバー』を引っさげてのライブ。

 ディジュリドゥはオーストラリアの先住民アボリジニが作った、世界最古と言われる管楽器。1998年、同国で開かれたディジュリドゥコンテストで準優勝し、その後、国内外で活躍していたGOMAだが、2009年、交通事故で記憶の一部を失い、新しいことが覚えにくくなるなどの高次脳機能障害を負った。懸命のリハビリを経て、2年後のフジロックフェスティバルで奇跡の復活。また、事故後は点描画の制作にも取り組んでおり、全国で絵画展を開いている。

 9年ぶりに発表する今回のアルバムには、これまでライブで披露してきた7曲を収録。バンドとして和歌山で初めて行う今回の公演ではアルバム曲のダンスミュージックを中心に演奏する。

 4000円、当日4500円。同店(073・433・1110)。