3月18日㊐午後1時半、和歌山市民会館小ホール。現役で活躍するテノール歌手3人によるオペラの名曲を集めた演奏会。出演は、二期会会員の松原友さん(写真左上)、びわ湖ホール4大テノールメンバーとして活動する清水徹太郎さん(同右上)と山本康寛さん(同左下)。三者三様の歌声を聴かせる。

 ヴェルディ「椿姫」より『ああ、そはかの人か〜花から花へ』、プッチーニ「トゥーランドット」より『誰も寝てはならぬ』、ロッシーニ「オテッロ」より『なんですって!』ほかを披露する。ソプラノは藤原歌劇団団員の高橋薫子さん(同右下)、同協会の井谷有紀さん、久保美雪さん、中野綾さん、メゾソプラノは阪上真知子さん。ナビゲーターはピアニストの木谷悦也さんと、同協会の多田佳世子会長。

 指定席4000円、自由席3000円、当日各500円増。同館、和歌の浦アートキューブ、各コミセンで販売。同協会(073・446・0101)。