7月1日㊐〜8日㊐、JR海南駅構内
 和歌山市の瀬戸さんは約50年前、高校生時代に汽車を撮り始め、国鉄に就職し、和歌山機関区に勤務した。初個展で、気動車に変わりつつある中、地方を走る汽車を撮った写真15点を展示。1972年3月に撮影した「和歌山線さよなら列車C576」(写真)やデゴイチの愛称で知られる「D─51」などが並ぶ。午前9時〜午後6時
 ヤスダさん(073・482・3323)