7月20日㊎午後6時半、和歌山県民文化会館小ホール
 テレビ、ラジオでおなじみの南光(写真)が上方落語屈指の大ネタ「らくだ」と、同じく上方落語の「京の茶漬け」を披露。また、米朝一門の雀五郎が「八五郎坊主」、故・2代目枝雀の息子、りょうばが「ろくろ首」を聴かせる
 3500円、当日3800円。同館ほかで販売。音楽愛好会フォルテ(073・422・4225)