1月11日㊎午後6時半、和歌山県民文化会館大ホール。
 ヨーロッパで活躍する指揮者、サンドロ・クトゥレーロが宮殿の祝賀コンサートのために設立したウィンナー・ワルツ・オーケストラ。弦、木管、金管、打楽器奏者で構成され、曲によってバレエダンサーや歌手が登場し、新年をウィーン情緒あふれる踊りと歌声で盛り上げる。
 来日20周年を迎える今回は、『美しく青きドナウ』『トリッチ・トラッチ・ポルカ』などを演奏する。
 6000円。同館ほかで販売。同館(073・436・1331)。