2月23日㊏午後1時半、和歌山市和歌浦中の和歌山県公館。
 紀伊万葉ネットワーク幹事の林芳雄さんが、戦中を中心に万葉集がどのように享受されたのか語る。近畿大学名誉教授、村瀬憲夫さんの講演「阿川弘之『雲の墓標』と万葉集」も。
 300円。希望者は名前、住所、電話番号を同ネット(FAX073・455・1203)。先着25人。問い合わせ電話はFAX番号と同じ。