3月3日㊐午後1時、和歌山市東長町の正住寺。
 紀州藩藩校長の娘で、幕末から明治にかけての庶民生活を日記につづった川合小梅。ゆかりのある同寺で、小梅の描いた立雛図を鑑賞。法要の後、元桐蔭高校校長の永廣禎夫さんが「『小梅日記』にみる明治期の和歌」と題し話す。
 無料。希望者は小梅日記を楽しむ会、中村さん(073・452・3399)。