3月3日㊐まで、海南市船尾の和歌山県立自然博物館。
 冬の間、水中でじっとしているトンボの幼虫、ヤゴの種類や生態を紹介。オニヤンマ、フタスジサナエなどのヤゴ約15種類30匹の生体を並べる。午前9時半〜午後5時。㊊休み。
 470円、高校生以下と65歳以上無料。同館(073・483・1777)。