4月21日㊐まで、和歌山市吹上の和歌山県立博物館。
 熊野三山の1つ、熊野速玉大社には、天皇や室町時代の将軍らが奉納した約1000点の「古神宝」が伝わる。国宝の古神宝から、化粧道具を入れた箱「松楓蒔絵手箱と内容品」(写真)や、正装の時にかぶる冠、寝る時にかける布団「衾黄地浮線綾丸文唐織物(ふすまきじふせんりょうまるもんからおりもの)」など、神様のくらしと宮廷の様子がうかがえる150点を展示。午前9時半〜午後5時。
 280円、大学生170円、高校生以下と65歳以上無料。㊊休み。3月16日㊏、24日㊐、30日㊏、4月7日㊐、13日㊏、21日㊐午後1時半から学芸員による展示解説がある。同館(073・436・8670)。