企画展「紀州の風景〜和歌の浦を中心に」…4月22日㊏〜6月4日㊐、和歌山市湊本町の和歌山市立博物館。

主に江戸時代の和歌山が描かれた絵図、書物など135点をそろえ、景観の歴史にふれる。「和歌の浦」「紀州の海岸」「紀州の寺院と神社」「紀州藩の城下町」の4構成で、史料の多い和歌浦は江戸時代の吉野和歌浦真景図巻(写真)はじめ、明治の絵葉書など59点を展示。

「紀州藩の城下町」では和歌山城下の庶民の暮らしの様子がうかがえる絵図、田辺、新宮など紀州藩城下の地図などを並べる。

午前9時〜午後5時。100円。月曜と5月6日㊏は休館。5月20日㊏午後2時からは額田雅裕館長の講演「和歌浦と紀州の風景」を開催。

同館(073・423・0003)。