9月3日㊐午後2時、和歌山市岡山丁の長屋門。日本三大忍術伝書の一つ「正忍記」とその著者、名取三十郎正澄を研究する「正忍記を読む会」主催。会場の長屋門はかつて、名取家隣の屋敷にあった。講座では同会の福田光男会長が「紀州忍術」、名取家の菩提寺、恵運寺の山本寿法住職が「名取流」と題し講演。無料。申し込み不要。同会(073・424・7633)。