26日㊏午後1時、JR和歌山駅前のJAビル2階。和歌山県内の酒蔵10社が日本酒の魅力を伝えようと上映会実行委を立ち上げて企画。石川県・能登半島出身の酒造り技能集団「能登杜氏(とじ)」とその技を受け継ぐ若手職人の姿を描いたドキュメンタリー作品。石井かほり監督の舞台あいさつと、名手酒造店、初桜酒造、吉村秀雄商店、田端酒造の県内蔵元4社の杜氏によるトークショーがある。2500円。希望者は15日までに吉村秀雄商店(0736・62・2121)。先着100人。

 また、正午〜午後6時にJAビル1階で県内10の酒蔵がブースを並べ、20銘柄を1杯100〜150円で飲み比べる「利き酒イベント」がある。予約不要。