自転車の正しい乗り方を身につけてもらおうと、ドライビング・スクールかいなんが11月20日、和歌山市内原の浜宮小学校で安全教室を開催。6年生約80人が受講した。

zitensya

 同スクールの教官が、自転車が通行するのは左右どちらの車線かなどを問うクイズを出題。次にかささし運転や2人乗り、携帯電話を使いながらの走行の危険性を実演して伝えた。

 この後、子どもたちが自転車に乗り、運動場に等間隔に並んだコーンの間をジグザグに走る練習や電動自転車の運転を体験した。