わかやま四方山塾〜花火

夜空彩る職人魂

 夜空に大輪を咲かせる花火。見る人に大きな感動と笑顔を届ける夏に欠かせない風物詩だ。県内で大半の花火大会を担うのが有田川町の紀州煙火(えんか)。花火職人の技と思いを尋ね、一瞬の美の秘密に迫ります。

 県内外で約3万発、県内で打ち上がる花火の約7割を一夏で打ち上げる紀州煙火。藪田さゆり社長(49)と、父親で先代の善助さん(71)を中心に、職人約20人で切り盛りする。さゆり社長の祖父、善一さん(故人)は、黒潮国体で昼花火を手がけ、善助さんは音楽と組み合わせた花火や遠隔点火花火など、新しい手法を取り入れてきた。祖父と父の背中を見て育ったさゆり社長も、女性花火師として研さんを積み、新作花火大会で入賞している。
 「花火は一瞬に開き、一瞬に消える。印象でしか残らないのが魅力」とさゆり社長。常に新しい印象を客に持ち帰ってもらおうと毎年、新作花火を開発し、昨年は通常より強く光る赤い花火を製作。花火師の大会では、だ円形のオレンジ色に緑色のヘタを付けたみかん型の花火も打ち上げた。「温泉マークやパンダも作ってみたい」と創作意欲は尽きない。
 風向きや地形に合わせた演出をできるのが地元業者の強み。海辺の会場では、水面の花火が映えるよう長く燃え続ける玉を、街中では騒音や火事に配慮して小型の花火を連発する。主催者からのリクエストにも合わせ「COOL」がテーマなら青系を中心に、しっとりとした雰囲気ならゆっくりと開いて光が残る花火を多くするなど演出は多彩だ。さゆり社長は「経験と思いを詰めた花火を『美しかった』と喜んでもらえるのが一番うれしい。飽きさせない花火と見せ方を追究していきたい」と話している。

写真上から=紀州煙火の作品(有田川町のあらぎ島で)、藪田さゆり社長


製造現場を見学

 ①星作り…花火が上空で開いた際に火が付いて飛び散る火薬の塊を「星」と呼ぶ。ポイントは星を作る際に塗り重ねる薬品。銅は青、バリウムは緑、ストロンチウムは赤…。毎年、薬品の産地の状況で成分が微妙に変わるため、その年の一番良い色を職人が選ぶ。
 ②玉込み…天日で干した星を輪やリボン、顔などの形に開くよう半球に込め、球の中央に火薬を詰める。真ん中の火薬が爆発すれば、込めた星の形に花火が開く仕組みだ。「機械には到底できない作業です」と善助さん。経験と根気のいる作業が続く。
 ③玉貼り…星が詰まった半球同士を組み合わせ、クラフト紙を貼り重ねる。厚く貼ると、中で火薬が爆発した際に球内の圧力が高まるため星が大きく飛び、薄いとあまり飛ばない。美しい円を作るには厚すぎず薄すぎず、微妙な貼り重ね具合が大切だ。
写真下=仕上げのクラフト紙貼り

近隣花火ガイド

 スターライトイリュージョン(写真)…7月28日と8月中の日曜、8月13~8月15日、9月15日各午後8時、マリーナシティ西側防波堤。打ち上げ花火千発、特殊効果花火5千発。音楽に合わせ夜空を彩る。7月28日はよさこい祭りと共演。インフォメーション0570・064・358
 港まつり花火大会…7月28日(日)午後8時15分、和歌山市西浜の和歌山港中ふ頭。和歌山市の夏の風物詩。3千発の花火が打ち上がる。クライマックスには仕掛け花火の海上自爆。実行委073・432・3116
 好きやっしょ紀の川!~夢花火~市民まつり…8月18日(日)午後4時半(花火は8時半)、紀の川市花野の打田若もの広場。3千発の花火のほかライブ、戦隊ショー、フリマも。実行委0736・77・2511
 いわで夏まつり…8月31日(土)午後4時(花火は7時45分)、岩出市西野の大宮緑地総合運動公園。3千発の花火や岩出おどり、根来鉄砲隊演武など。いわで楽市も同時開催。実行委0736・62・2141
 きみの夏祭り…8月15日(木)午後4時(花火は8時半)、紀美野町神野市場の木の温もり広場。1500発の花火やステージイベント、盆踊り、夜店も。実行委073・495・2188
 紀文まつり…8月10日(土)午後5時(花火は8時20分)、有田市箕島の市役所周辺。間近で水中花火が楽しめる。2千発。実行委0737・83・1111
 湯浅まつり花火大会…8月3日(土)午後8時15分、湯浅町の湯浅広港付近。2千発。実行委0737・63・2525

ニュース和歌山2013年7月24日号掲載