2006年開催事業
 
第19回和歌山音楽コンクール
帯刀さんに和歌山市長賞
 ニュース和歌山と和歌山市、市教委が主催する「第19回和歌山音楽コンクール」が8月18日のピアノ部門大学生以上の部予選を皮切りに、8月22日から3日間、和歌山市民会館小ホールで開かれました。出演者147人の中から52人が入賞。中でも特に優れた演奏者に贈られる和歌山市長賞を声楽高校生の部1位の帯刀梨莉子さんが受賞しました。また、優秀伴奏者賞に声楽部門の2人が輝きました。入賞者のうち27人が8月30日に開かれた入賞者演奏会で技術力、表現力を観客に披露しました。
       
市長賞の帯刀梨莉子さん
 参加者はヴァイオリン、チェロの弦楽器部門41人(小学生低学年7人、同高学年8人、中学生9人、高校生等11人、大学生以上6人)、声楽部門47人(高校生18人、大学生等7人、一般22人)、ピアノ部門59人(小学生低学年7人、同高学年10人、中学生15人、高校生等8人、大学生以上19人)に分かれ、日頃の練習の成果を披露しました。
 初日の弦楽器は実力以上の演奏曲に挑戦したため、力を発揮しきれない参加者が多く見受けられました。一方、2日目の声楽は高校生と一般のレベルが高く、この部門で3年ぶりに和歌山市長賞受賞者が出ました。また、最終日のピアノは中学生が多数上位に入賞し、健闘をみせました。
 3部門の入賞者による演奏会を8月30日に開催。出演者は審査のある本選とは違ったリラックスした演奏を披露しました。 今年の入賞者は次の皆さん
各部門1位の皆さん
     
刑部真実さん
岡部亜希子さん
松本昌大さん
大守真央さん
佐々木優さん
計盛恵子さん
【弦楽器】ヴァイオリン独奏マスターコース・チェロ独奏
[小学生低学年]刑部 真実(神戸大附属住吉小3)[大学生以上]岡部亜希子(東京芸大3)
【ピアノ】[小学生高学年]松本 昌大(大阪市立堀江小4)[中学生]大守 真央(堺市立庭代台中3)[高校生等]佐々木 優(兵庫県立西宮高3)
【声楽】[高校生]帯刀梨莉子(宝塚音楽学校本科生)[一般]計盛 恵子(川西市)
        
弦楽器部門入賞者
    
藤七美さん
沖塩協香さん
射手矢楓さん
長田健志さん
稲岡里美さん
西本慶子さん
由良卓也さん
矢本良さん
小沢京さん
由良美世子さん
木村らもさん
新井里千佳さん
石川博之さん
橋本專史さん
江口純子さん
池田瑞穂さん
北浦由紀子さん
ヴァイオリン独奏マスターコース・チェロ独奏

[小学生低学年]
第1位
刑部 真実(神戸大附属住吉小3)

奨励賞
藤  七美(神戸市立湊小3)
沖塩 協香(堺市立東三国丘小3)

[小学生高学年]
第2位
射手矢 楓(智辯学園和歌山小5)
第3位
長田 健志(宍粟市立山崎小6)

[中学生]
第2位
稲岡 里美(兵庫教育大附属中3)
西本 慶子(神戸市立桃山台中3)

第3位
由良 卓也(堺市立赤坂台中2)

奨励賞
矢本  良(加古川市立加古川中1)
小沢  京(芦屋市立精道中1)

[高校生等]
第2位 由良美世子(大阪府立堺東高卒)
第3位 木村 らも(滋賀県立石山高3)
    新井里千佳(大阪府立少路高3)
奨励賞 石川 博之(大阪夕陽丘学園高1)

[大学生以上]
第1位 岡部亜希子(東京芸大3)
第2位 橋本 專史(東京芸大1)
第3位 江口 純子(京都市立芸大2)
奨励賞 池田 瑞穂(ブリュッセル王立音楽院2)
ヴァイオリン独奏ジョイフルコース

[大学生以上]
敢闘賞 北浦由紀子(堺市)
        
声楽部門入賞者
       
三谷朋子さん
川井愛梨さん
川口大地さん
新祥子さん
岡本寿美さん
小原有紀子さん
平野雅世さん
山本かおりさん
西田真由子さん
清水景子さん
[高校生]
第1位
帯刀梨莉子(宝塚音楽学校本科生)

第2位
三谷 朋子(和歌山県立田辺高3)
川井 愛梨(相愛高3)

奨励賞
 川口 大地(大阪府立夕陽丘高3)
 新  祥子(和歌山県立神島高3)

和歌山市長賞
帯刀梨莉子(宝塚音楽学校本科生)

優秀伴奏者賞
青山 耕太(大阪府立夕陽丘高3)

[一般]
第1位 計盛 恵子(川西市)
第2位 岡本 寿美(宝塚市)
第3位 小原有紀子(神戸市)
    平野 雅世(河内長野市)
奨励賞 山本かおり(堺市)
    西田真由子(高槻市)
    清水 景子(西宮市)
優秀伴奏者賞
    丸山 耕路(奈良市)
      
ピアノ部門入賞者
      
貫野佳菜恵さん
坂本依泉さん
毛利かなでさん
坂本舞さん
大喜多潤樹さん
佐野嶺司さん
林菜実さん
田内里奈さん
藤岡眞帆さん
高橋くるみさん
山下悟さん
中村早希さん
上畑みさきさん
森山靖子さん
山根理恵さん
藤井麻由さん
福島珠実さん
岸田絵美さん
[小学生低学年]
第3位
貫野佳菜恵(岸和田市立城東小3)

奨励賞
坂本 依泉(和歌山大附属小2)
毛利かなで(和歌山市立小倉小3)
坂本  舞(和歌山市立有功小3)

[小学生高学年]
第1位
松本 昌大(大阪市立堀江小4)

第2位
大喜多潤樹(宝塚市立宝塚第一小4)

第3位
佐野 嶺司(箕面市立北小4)
林  菜実(有田川町立藤並小5)

[中学生]
第1位
大守 真央(堺市立庭代台中3)

第2位
田内 里奈(堺市立庭代台中2)
藤岡 眞帆(和歌山信愛短大附中2)

第3位
高橋くるみ(大阪市立平野北中3)

奨励賞
山下  悟(甲南中1)

[高校生等]
第1位
佐々木 優(兵庫県立西宮高3)

第3位
中村 早希(兵庫県立西宮高2)
上畑みさき(和歌山信愛短大附高3)
森山 靖子(大阪府立夕陽丘高卒)

[大学生以上]
第2位 山根 理恵(墨田区)
第3位 藤井 麻由(神戸女学院大2)
    福島 珠実(京都市立芸大2)
奨励賞 岸田 絵美(貝塚市)
       
審査員講評 マナーや姿勢、基礎を大切に
       
審査委員の皆さん(敬称略)

 審査委員長・杉谷昭子(ピアニスト)
 〈弦楽器〉久保由佳子(ヴァイオリニスト)、田井美千代(ヴァイオリニスト)、林俊昭(デュオハヤシ・チェリスト、東京芸術大講師)
 〈声楽〉片桐仁美(大阪音大講師)、小林正夫(関西二期会副理事長)、斉藤言子(神戸女学院大教授)、多田佳世子(和歌山市民オペラ協会会長)、西垣俊朗(関西二期会理事)
 〈ピアノ〉杉谷昭子、玉置博子(ピアニスト)、宮下直子(ピアニスト)

 弦楽器部門=ジョイフルコースやマスターコース小学生を中心にステージマナーを学んで欲しい。構え方や弓の持ち方など正しい基礎を、幼い時に学んでおかなければ直すのが大変。正しい基礎ができれば必ず上手になれる。選曲は難しい曲を弾けばいいのではなく、もう少しレベルの低い曲をきっちりと弾くと良かった。バッハは難しいが、もっと研究して自分の言葉、曲にして欲しい。伴奏者はもっとヴァイオリンについて学び、伴奏だけでなくヴァイオリンの音を聞くこと。

 ピアノ部門=小学生低学年は選曲があっておらず、体からイメージが出ていない。たくさんの曲を聴き、音楽のイメージを作ること。高学年と中学生は上半身が硬い人がいた。腰を伸ばして弾き、心から体へ、イメージが出てくるよう体弾きをして欲しい。和音のバランス、呼吸、リズムの強弱に注意を。高校生等は今年から3曲になったが、全部を上手に弾けるように。大学生以上は難しい曲を選び、独りよがりなところが見受けられた。

 声楽部門=特に今年は高校生と一般のレベルが高かった。歌には大きい立派な声は必要なく、息が自然に流れるのが大事。のども体もリラックスし、必要なときに必要なだけ瞬時に声を出せるように。歌詞がなおざりになっているのが気になった。ブレス、ステージマナーなど全てに気を配って欲しい。伴奏はミスタッチが目立ったので気をつけるように。自分のレベルを客観的にとらえ、どこが足りないかを知り、テクニック、表現技術を磨いて欲しい。

       
協賛 関西電力、花王、きのくに信用金庫、ノーリツ鋼機、島精機製作所、ロイヤルパインズ、和歌山近鉄百貨店、東洋精米機製作所、喜望ゼミナール、ジャストカーテン、エスビジョングループ、キリンビール