2007年開催事業
第20回和歌山音楽コンクール
55人が入賞に輝く 優秀伴奏者賞も2人
 ニュース和歌山と和歌山市、市教委が主催する「第20回和歌山音楽コンクール」が2007年8月17日のピアノ部門大学生以上の部予選を皮切りに、8月21日から3日間、和歌山市民会館小ホールで開かれた。出演者148人から55人が入賞。入賞者のうち30人が8月29日の入賞者演奏会で高い表現力、技術力を観客に披露した。
 第20回の節目を迎えた今回のコンクールは、弦楽器(ヴァイオリン、チェロ、ヴィオラ)部門24人=小学生低学年6人、同高学年3人、中学生4人、高校生等6人、大学生以上5人▽声楽部門55人=高校生19人、大学生等13人、一般23人▽ピアノ部門69人=小学生低学年7人、同高学年7人、中学生15人、高校生等13人、大学生以上27人。今年も充実した演奏が繰り広げられた。
 弦楽器は小学生が健闘し、出場者がすべて入賞するという快挙。高校生以上は1位入賞者が出ず、厳しい結果に終わった。声楽は高校生が昨年同様レベルが高く、大学生等も充実した演奏が見られた。一般の部では最高齢73歳の参加者が張りのある歌声を披露、審査員も「エネルギーをもらった」と話した。ピアノは実力にバラつきがあったが、中学生、高校生等、大学生以上の部で男性が上位に輝き健闘を見せた。
 3部門の入賞者による演奏会はコンクール直後の8月29日に開催された。出演者は質の高い演奏を披露し、聴衆を魅了した。
 審査員は次の皆さん(敬称略)。審査委員長=杉谷昭子(ピアニスト)▽弦楽器=久保由佳子(ヴァイオリニスト)、田井美千代(ヴァイオリニスト)、林俊昭(デュオハヤシチェリスト、東京芸大講師)▽声楽=片桐仁美(大阪音大講師)、栗林義信(東京二期会理事長)、多田佳世子(和歌山市民オペラ協会会長)、西垣俊朗(関西二期会理事)、安則雄馬(大阪音大名誉教授)▽ピアノ=杉谷昭子、玉置博子(ピアニスト)、宮下直子(ピアニスト)
■各部門1位の皆さん■
弦楽器部門ヴァイオリン独奏マスターコース小学生高学年の部
射手矢楓さん
 「曲の感情を体を使ってうまく出すことができました。これからも練習をきっちりして、本番にミス無くきれいに弾けるようにがんばりたいです」
弦楽器部門ヴァイオリン独奏マスターコース中学生の部
由良卓也さん
「和歌山音楽コンクールは今回が3回目の挑戦。1位をとれないと思っていたのですごくうれしいです。本番は、普段より落ち着いて弾けたのが良かった」
声楽部門高校生の部
松原みなみさん
「学校の先生からは『いつも通り歌うように』と言われていたので、それだけを心掛けていました。勢いで歌ってしまったので、あまり満足ではなかったんですが、とにかくびっくりです」
    
声楽部門大学生等の部
金岡伶奈さん
「名前を呼ばれたときは母と目を見合わせて一緒に驚きました。和歌山音楽コンクールは3回目ですが、これまで入賞歴はなく、まさか1位とは思っていなかった。ただただ驚いています」
ピアノ部門中学生の部 
秋山友貴さん
「初めて参加した和歌山音楽コンクールで、1位をもらえるなんて予期していなかったので、びっくりしました。作曲家が何を考えて書いたのか、曲の内容に集中して弾きました」
ピアノ部門高校生等の部
松村湧太さん
「思ってもみなかったので、とても驚きました。自分の好きな曲で、感情の入れ方も工夫できました。リストらしいかっこいい曲なので、らしさを出せればと思って演奏しました」

▲このページの上に戻ります

■弦楽器部門入賞者■
渡瀬聖麗さん
籾井梨那さん
雲龍笙子さん
射手矢楓さん
no image
中川茉莉花さん
西本彩友美さん
由良卓也さん
平沼理沙子さん
肥後允仁さん
石川博之さん
近藤智美さん
山根星子さん
池田瑞穂さん
窪田敏輝さん
伊達実玲さん
増田理子さん
マスターコース
[小学生低学年の部]
第2位 渡瀬 聖麗(和歌山大学附属小2)
第2位 籾井 梨那(堺市立榎小3)
第3位 雲竜 笙子(勝山市立成器南小3)
[小学生高学年の部]
第1位 射手矢 楓(智辯学園和歌山小6)
第2位 中川茉莉花(吹田市立千里第三小6)
第3位 西本彩友美(和歌山市立松江小5)
[中学生の部] 
第1位 由良 卓也(堺市立赤坂台中3)
第3位 平沼理沙子(建国中2)
[高校生等の部]
第2位 肥後 允仁(愛知県立明和高3)
奨励賞 石川 博之(大阪夕陽丘学園高2)
[大学生以上の部]
第2位 近藤 智美(北葛城郡)
第3位 山根 星子(東大阪市)
奨励賞 池田 瑞穂(ブリュッセル王立音楽院3)
ジョイフルコース[小学生低学年の部]
優秀賞 窪田 敏輝(熊取町立熊取東小3)
奨励賞 伊達 実玲(堺市立家原寺小1)
奨励賞 増田 理子(岩出市立岩出小3)

▲このページの上に戻ります

■声楽部門入賞者■
松原みなみさん
廣中愛さん
竹内志織さん
伊原木幸馬さん
城村紗智さん
金岡伶奈さん
向井悠さん
履輪まいさん
三谷朋子さん
辻井亜季穂さん
阪上真知子さん
島村侑子さん
前田仁見さん
野田美保子さん
尾坂由美さん
優秀伴奏者賞
奈良綾香さん
前田亜紀さん
[高校生の部]
第1位 松原みなみ(大阪府立夕陽丘高2)
第2位 中  愛(大阪府立夕陽丘高2)
第3位 竹内 志織(相愛高2)
奨励賞 伊原木幸馬(大阪府立日根野高2)
奨励賞 城村 紗智(大谷高3)
[大学生等の部]
第1位 金岡 伶奈(神戸女学院大3)
第2位 向井  悠(京都市立芸術大3)
第3位 履輪 まい(武庫川女子大4)
第3位 三谷 朋子(愛知県立芸術大1)
奨励賞 辻井亜季穂(愛知県立芸術大3)
[一般の部]
第2位 阪上真知子(紀の川市)
第3位 島村 侑子(京都市)
奨励賞 前田 仁見(大阪市)
奨励賞 野田美保子(東京都練馬区)
奨励賞 尾坂 由美(明石市)

優秀伴奏者賞
  奈良 綾香(大阪府立夕陽丘高2)
  前田 亜紀(京都市立芸術大4)

▲このページの上に戻ります

■ピアノ部門入賞者■
 
執行琴乃さん
松下伽弥さん
加藤彩織さん
玉寄杏奈さん
佐々木佳音さん
米良日菜さん
辻村凱さん
根来美波さん
秋山友貴さん
原由莉子さん
松井優津妃さん
木村結さん
清野小春さん
神田麻帆さん
松村湧太さん
菊澤暎子さん
林加菜さん
高橋くるみさん
西本靖彦さん
田原希美さん
田中慈子さん
中西裕子さん 藤井麻由さん
[小学生低学年の部]
奨励賞 執行 琴乃(熊取町立中央小3)
奨励賞 松下 伽弥(美浜町立和田小3)
奨励賞 加藤 彩織(稲沢市立大里東小3)
[小学生高学年の部]
第2位 玉寄 杏奈(御坊市立湯川小6)
第3位 佐々木佳音(高槻市立安岡寺小6)
奨励賞 米良 日菜(和歌山市立宮小5)
奨励賞 辻村  凱(智辯学園和歌山小6)
奨励賞 根来 美波(智辯学園和歌山小6)
[中学生の部]
第1位 秋山 友貴(西尾市立平坂中3)
第3位 原 由莉子(岸和田市立桜台中3)
第3位 松井優津妃(堺市立晴美台中3)
第3位 木村  結(阪南市立鳥取東中3)
奨励賞 清野 小春(和歌山市立紀之川中2)
[高校生等の部]
第1位 松村 湧太(京都市立音楽高2)
第2位 神田 麻帆(兵庫県立西宮高3)
第3位 菊澤 瑛子(和歌山県立那賀高3)
第3位 林  加菜(和歌山県立向陽高2)
第3位 高橋くるみ(大阪府立住吉高1)
[大学生以上の部]
第2位 西本 靖彦(神戸市)
奨励賞 田原 希美(京都市立芸術大3)
奨励賞 田中 慈子(堺市)
奨励賞 中西 裕子(奈良市)
奨励賞 藤井 麻由(神戸女学院大3)

▲このページの上に戻ります

審査員講評
審査委員の皆さん(敬称略)

 審査委員長=杉谷昭子(ピアニスト)▽弦楽器=久保由佳子(ヴァイオリニスト)、田井美千代(ヴァイオリニスト)、林俊昭(デュオハヤシチェリスト、東京芸大講師)▽声楽=片桐仁美(大阪音大講師)、栗林義信(東京二期会理事長)、多田佳世子(和歌山市民オペラ協会会長)、西垣俊朗(関西二期会理事)、安則雄馬(大阪音大名誉教授)▽ピアノ=杉谷昭子、玉置博子(ピアニスト)、宮下直子(ピアニスト)

 弦楽器部門=勉強との両立が大変な中、よく頑張った。コンクールに参加することを通じ、親子、先生との練習した経験は素晴らしいこと。全体的に、弓の持ち方や構え方などの基礎ができていなかった。入場や礼の仕方などのマナーも学んでほしい。立つ方向で音の届き方や響き方が違ってくるので大切。高校生以上は練習量が少なかった印象を受けた。もう少し集中力をつけてほしい。伴奏は音が強すぎた。ピアノを弾けるだけでなく、伴奏者は弦楽器について理解し、音をよく聞き取って合わせてほしい。

 ピアノ部門=小学生低学年、高学年はもっと練習が必要。基本中の基本をしっかり勉強するように。演奏ではやはり基礎が要となる。考えながら工夫して弾いている人もいた。中学生、高校生はレベルにバラつきがあった。ピアニストがコンサートで弾くような曲も演奏していてすごいなあと感心する反面、難しすぎる曲を弾いて失敗している場合もあり、残念。今の自分に合った曲選びも重要。大学生以上の部は、ピアノと戦っている感じの人が多かった。力で抑えるのではなく、品を持って取り組んで欲しい。姿勢の悪さも目に付いた。リズム感には強弱が大切。テクニックと共に、センスは磨くもの。プロの演奏の映像を見たりしながら、打鍵点を意識し、真剣に細やかに磨いていってほしい。

 声楽部門=この時期はどこも冷房がかかっており、声帯を使う声楽はコンディションづくりが重要。選曲は難しいが、余裕を持って相手に歌って聞かせるかたちのものでないと、コンクールだからと張り切って実力以上の大きい曲を歌って失敗することがある。もう一点は、声のことばかりを考え、言葉がおろそかになっている。母音の滑舌がみんな同じになってしまって、言葉が分かりにくい人が何人かいた。滑舌をしっかりし、メロディーに乗せることに気をつけるように。

▲このページの上に戻ります

       
協賛 関西電力、花王、きのくに信用金庫、ノーリツ鋼機、島精機製作所、ロイヤルパインズ、和歌山近鉄百貨店、喜望ゼミナール、ジャストカーテン、エスビジョングループ、キリンビール、近畿労働金庫、阪和電子工業、第一ゼミナール