9月1日㊐まで、和歌山市岩橋の紀伊風土記の丘。
 長年、和歌山の農家で使われた鋤(すき)、鍬(くわ)、犂(からすき)などの農耕具を展示し、紀州の農具の歴史を振り返る。犂は古い形とされる長床犂(ちょうしょうずき)に焦点を当て紹介する。午前9時〜午後4時半。㊊休み。
 190円、大学生90円、高校生以下と65歳以上無料。8月18日㊐午後1時半は展示講座。100円。希望者は同館(073・471・6123)。
写真=紀北の犂