9月16日㊊午後2時、和歌山市西高松の和歌山県立図書館2階。
 クラシック音楽の和を広げるのが目的。日本センチュリー交響楽団で活躍するヴァイオリンの松浦奈々と池原衣美、ヴィオラの永松祐子、チェロの高橋宏明(写真左から)がモーツァルト、ドヴォルザーク、ラフマニノフらの代表曲を披露する。楽器や曲の紹介、質問コーナーも設ける。
 3000円、当日4000円。タツミ・ミュージックデザイン(073・494・3538)。