9月15日㊐午後6時半、和歌山県民文化会館大ホール。
 昨年亡くなった劇団四季創立者で演出家の浅利慶太を偲ぶ公演。物語の舞台はアルゼンチン。婚外子として生まれ、田舎で貧しい幼少時代を過ごしたエビータが、大統領夫人にのぼりつめるも、病で33歳の短い生涯を閉じるまでを描く。
 S席8500円、A席6000円、B席3000円。同館で販売。同館(073・436・1331)。