10月19日㊏〜11月24日㊐、和歌山市吹上の和歌山県立博物館と同市湊本町の市立博物館。
 徳川頼宣が和歌山に入国して400年の節目に行う記念展。両博物館の共同調査結果をふまえ、父、家康から譲り受けた宝物をはじめ、頼宣や母の養珠院、正室の瑤林院といったゆかりの人物の所用品、紀伊徳川家ゆかりの寺社に残る宝物、家臣の家に伝わる資料が並ぶ。
 13歳の頼宣が大坂の陣で着用した具足(写真上)や、家康の50回忌に紀州東照宮へ奉納した太刀など両博物館合わせ344点を展示する。午前9時半(市博は9時)〜午後5時。㊗除く㊊休み。


 県博は830円、大学生520円、市博は大学生以上500円。県博(073・436・8670)。市博(同423・0003)。

写真下=徳川頼宣肖像