1月18日㊏〜3月1日㊐、和歌山市岩橋の紀伊風土記の丘。
 6世紀末の古墳時代から8世紀の奈良時代までの過渡期に焦点を当て、紀伊における古墳の儀礼から仏教の儀礼への移り変わりとその歴史的背景を考古資料から読み解く。岩橋千塚古墳群(同市)出土の須恵器、ガラス製小玉や、北山廃寺(紀の川市)の須恵器、軒瓦、三栖廃寺(田辺市)の石製天蓋などが並ぶ。午前9時〜午後4時半。祝日除く㊊休み。
 190円、大学生90円、高校生以下と65歳以上無料。2月2日㊐1時半から展示講座。100円+入館料。要予約。先着30人。同館(073・471・6123)。
 写真=上野廃寺(和歌山市)出土「複弁八弁蓮華文軒丸瓦」