2月15日㊏〜3月15日㊐、海南市内各所。
 まちのあちこちに展示したおひなさまを見ながら、海南散策を楽しんでもらう恒例のイベントで、10年目の今回は120ヵ所以上に飾る。

 JR海南駅には幅8.0×高さ2.5㍍のビッグひな壇に約1000体が並ぶ千体雛が今年も登場。「お菓子の街・海南」をPRするため、人形に菓子の箱を持たせ、その数を当てた人に抽選で同市の菓子詰め合わせを贈る。

 また今年、東京五輪が開かれるのにちなみ、体操やカヌー、ラグビーを楽しむ「オリンピックびな」がプリンスイン海南1階に登場。駅前商店街には各店が趣向を凝らした人形が並び、黒江地区川端通り沿いの店舗でも趣ある人形が出迎える。

 2月8日㊏と9日㊐午前11時から、海南駅内で千体雛を設置するにあたり、手伝ってくれる人を募っている。希望者は直接、会場へ。詳細は「紀州海南ひなめぐり」フェイスブック

写真=JR海南駅で出迎える千体雛(昨年の模様)