4月19日㊐まで、和歌山市吹上の和歌山県立博物館。
 紀州藩10代藩主の徳川治宝、儒学者の李梅渓、文人画の祖・祇園南海、名医・華岡青洲らによる書の名品や、中国文化を手本にした唐様の書、古文書にみられる町民、農民の書など42点を展示。午前9時半〜午後5時。㊊休み。
 280円、大学生170円、高校生以下と65歳以上無料。4月5日㊐は無料。同館(073・436・8670)。
 写真=徳川治宝の書「瑞雲」(同博物館蔵)