10月4日㊐まで、和歌山市吹上の和歌山県立博物館。
 東京にある紀伊徳川家の私立図書館、南葵文庫と南葵音楽図書館で司書として働いた喜多村。喜多村とつながりがあった徳川頼貞、作家の島崎藤村、田山花袋らの資料をはじめ、東京と和歌山での喜多村の活動を、 書簡や文芸作品などで紹介。頼貞からの絵葉書(写真)や、島崎藤村が喜多村に送った掛け軸など272点。午前9時半〜午後5時。
 280円、大学生170円、高校生以下と65歳以上無料。同館(073・436・8670)。

(ニュース和歌山/2020年9月12日更新)