2月28日㊐まで、紀の川市東国分の歴史民俗資料館。
 龍門山系の北、かつて麻生津荘と呼ばれた地域は、西高野街道が通る交通の要衝。南北朝時代から安土・桃山時代にかけて戦いの舞台となり、江戸時代には幕府を巻き込むほどの土地の争いが起こったこの地域にスポットを当てる。
 無料。午前9時〜午後4時。㊊㊋と12日㊎、24日㊌休み。同市教委生涯学習課(0736・77・2511)。

写真=江戸時代の地誌書『紀伊国名所図会』にも描かれている

(ニュース和歌山/2021年1月30日更新)