中学生が発見!標本に基づく本州初記録のキテンハタ=昨年10月、串本町二色付近の堤防で、向陽中学2年の脇本総志さんが釣り上げたキテンハタの標本(写真上)を展示。キテンハタはインド、西太平洋に分布するハタの仲間で、国内では相模湾〜八重山諸島にかけて写真の記録はあった。標本の記録は鹿児島、沖縄などに限られており、本州は初記録。脇本さんの論文も

「モササウルスの化石調査に参加しよう」で発見された化石の展示=昨年12月に有田川町で発見された和歌山県内2例目となるカグラザメ類の歯の化石(写真下)など5点。

 いずれも28日㊐まで。午前9時半〜午後5時。480円、高校生以下と65歳以上無料。㊊休み。同館(073・483・1777)。

(ニュース和歌山/2021年2月20日更新)