高積山のふもとに建つ「きしゅうの里」と「第2きしゅうの里」は、家庭的なケアが魅力の住宅型有料老人ホームです。広い敷地に隣接して建てられているふたつの施設は、いずれも平屋建て。まっすぐにのびる直線廊下はリハビリに適しており、歩いて往復するといい運動になると好評です。

 ここでは、スタッフと入居者は「家族」のような関係です。「家族」の中心である入居者に笑顔で過ごしていただけるよう、スタッフは連携を密にし、一人ひとりの暮らしに配慮した介護を行っています。また、認知症対応の経験が豊富な点も特徴です。スタッフは研修会を受講したり、自分たちで勉強を重ね、認知症に対する倫理観や専門知識、質の高いケアを研鑚。その結果、何人もの入居者に病状の改善がみられたということです。見守りは安心の24時間体制。併設のデイサービスでは楽しいレクリエーションが行われます。

 14年の実績をもつ両施設では、その人らしさを尊重し、敬意をもってお世話させていただくことが、設立当初からの一貫した姿勢。安心・快適・笑顔の暮らしをお手伝いします。随時見学受付中。

料金
家賃・食費・共益費、管理費込みで月額9万9540円〜。入居時に敷金20万円必要(退去時に全額返金)。

連絡先
住宅型有料老人ホームきしゅうの里 / 第2きしゅうの里
〒649-6322
和歌山市和佐関戸20
tel.073-477-5681
fax.073-477-5881

(ニュース和歌山/2020年12月20日更新)