現在の和歌山城公園内(和歌山城中枢部)への出入り口は、これまでもこのコーナーで紹介してきましたように、岡口門、一ノ橋大手門、追廻門、吹上門、そして、今回紹介する不明(あかずの)門の5ヵ所です。さらに武家屋敷が立ち並ぶ三ノ丸の北入口に京橋門(三ノ丸大手門)が、南入口に広瀬門がありました。これらは、いずれも内郭への入口に当たります。さらに京橋門から北方に、城下町の入口であった本町門(北大手門=現・本町9丁目付近)もありましたが、これらの中でも不明門は、これまでの城門とは少し趣きが違います。

 不明門は南側の三年坂に面しており、桜のシーズンなどでは、車の列ができる有料駐車場の入口がその門跡です。そこに一ノ橋大手門のような脇戸付きの高麗門が大正4年(1915)の自然崩壊までありました。古絵葉書にその姿が残されています。

 江戸時代の地誌書『紀伊国名所図会』には、三年坂の賑やかな往来の様子が描かれていますが、それとは対照的に、不明門内はちょっと謎めいた場所であったようです。『広辞苑』では「不明門」を「尿汲取人や死者を出入りさせる門」とありますが、実際の用途は分かりません。

 古絵葉書の写真からもその片鱗はうかがえますが、『南紀徳川史』にも「門付近には木が生い茂り、昼間でもうす暗く」とあります。そして「ここに隧道の備えもあるが秘密のことなので口外してはいけない」ともあります。不明門脇の高櫓台の向かいに竹林(お留め藪)があったと記されています。この竹藪から隧道(間道=抜け道)があったのでしょうか。その名残と伝わる大溝は今も見られます。詳細は拙著『ふるさと和歌山城』をご参照ください。(水島大二・日本城郭史委員)

  詳細はニュース和歌山発行、水島大二著『ふるさと和歌山城』。オールカラー、128㌻。税込み1320円。 和歌山城の魅力とその特徴が満載です。詳細はhttps://www.nwn.jp/book/