MENU

求人広告4点セット フリーペーパー・WEB・マガジン

twitter

Facebook

おしえて!マイドクターQ&A 〜 HPVワクチン(子宮頸がんワクチン)は接種した方がいいですか。 | ニュース和歌山

  1. ホーム
  2. 連載・特集
  3. おしえて!マイドクターQ&A
  4. おしえて!マイドクターQ&A 〜 HPVワクチン(子宮頸がんワクチン)は接種した方がいいですか。

おしえて!マイドクターQ&A 〜 HPVワクチン(子宮頸がんワクチン)は接種した方がいいですか。

《回答者》

◆循環器内科
みなかたクリニック
南方 常夫院長

 今年1月、国立がん研究センターなどの研究チームから、母親の子宮頸がんが移行した小児肺がんの事例が2組見つかったと報告がありました。経膣分娩の際の羊水誤嚥によるがん細胞の移行ということです。母子のがん細胞の遺伝子を解析したところ、DNA配列の変異などが一致しており、移行したことが実証されました。

 日本では13年から、若年女子を対象に、HPVワクチン(子宮頸がんワクチン)の無料定期接種を実施しています。しかし現在は、副反応の問題もあり、中止はしないものの積極的な接種推奨は控えられています。

 一方、昨年、スウェーデンでワクチン接種と子宮頸がんリスクの関連について167万超のデータを解析したところ、ワクチン接種時期が17歳未満の群では88%、17〜30歳の群では53%の発症リスク低下が認められました。同国ではHPVワクチン接種プログラムの継続が強く支持されています。

 日本では毎年1万人の女性が子宮頸がんにかかり、約3千人が命を失っています。とくに妊娠・出産や子育て、働き盛りの20〜40歳代の患者が増えています。小6〜高1の女性は無料でワクチン接種ができます。なお、接種に関しては主治医とよくご相談ください。

(ニュース和歌山/2021年1月24日更新)

わかやま求人ガイド

ニュース和歌山について

  • bnr_side_kenketsu

このページの先頭へ

このページの先頭へ