MENU

求人広告4点セット フリーペーパー・WEB・マガジン

twitter

Facebook

おしえて!マイドクターQ&A 〜 「かみ合わせ」と、頭痛や肩こり他全身の不快症状との関係は? | ニュース和歌山

  1. ホーム
  2. 連載・特集
  3. おしえて!マイドクターQ&A
  4. おしえて!マイドクターQ&A 〜 「かみ合わせ」と、頭痛や肩こり他全身の不快症状との関係は?

おしえて!マイドクターQ&A 〜 「かみ合わせ」と、頭痛や肩こり他全身の不快症状との関係は?

《回答者》
◆歯科
吉村歯科医院 吉村 義孝院長

 

 全身の症状とあごの位置とは密接な関係があります。かみ合わせは、①歯とあごの形②あごの位置 ③あごの運動の3つに分類されます。かみ合わせが悪い状態とは、あごがずれていることを言い、頭痛や首こり、肩こり、腰痛などの症状が現れることがあります。

 直立二足歩行の人間にとって、あごは全身のバランサーの役目を果たしています。そのため、あごの位置がずれると、首の骨である頸椎もずれようとし、頸椎のずれを防ごうとして頭・頸部の筋肉が無理に働き、そこが不自然に硬直すると、脳への血流障害が起こります。血流障害は、脳の前頭葉にある運動野の働きを悪くし、脳から筋肉に、無駄な働きをするよう誤った指令を出してしまいます。これが首こりや肩こりの一因だと考えられています。さらに、このような上半身のずれが原因となり、骨盤や股関節がひずんだり、足やひざ、足の筋肉にこりや痛みを引き起こす場合もあります。

 あごのずれを治すと、筋の緊張がやわらいでバランスがよくなり、頸椎から腰椎、骨盤等のずれが是正されるため、様々な症状が解消される可能性があります。痛みやこりでお悩みの方は、一度あごのずれを疑ってみてはいかがでしょうか。

(ニュース和歌山/2021年11月27日更新)

わかやま求人ガイド

ニュース和歌山について

  • bnr_side_kenketsu

このページの先頭へ

このページの先頭へ