毎日、たくさん捨てられているゴミですが、資源として再利用すれば減らすことができますね。今回はペットボトルをリサイクルする松田商店(和歌山市西河岸町)の工場を見学しました。

 

①ラベルを外す

 各市町村で集められたペットボトルはラベルが付いたままのものが多いため、機械に入れてラベルをはがす。

 

②細かく砕く

 ラベルを取ったペットボトルを、破砕機という機械で細かく砕いてフレーク状にする。

 

③ペットフレーク以外を取り除く

 フレーク状にした物を水槽に入れ、沈んだのがペットフレーク。これをさらに人の目で確認し、わずかに混ざっているペットフレーク以外の物を取り除く。

キャップ部分を細かくした物は水に浮くので、取り除きます

 

 

④完成

 最後に乾かして、ペットフレークの完成。このフレークでもう1度、ペットボトルを作ったり、プラスチックトレーなどの材料にしたりする。

      フレークは8~10㍉

 

 

松田多永社長

松田商店でもフレークで洗面器やマグカップなどを作っている

 「ペットボトルのラベルが外されているのは50%もありません。ゴミを出す時は皆さんが住んでいる地域のルールを守ってください。リサイクルをうまく進めるにはどうすればいいか、家族で話し合ってくださいね」

 

 

 

 

 

 

 

 

(ニュース和歌山/2022年5月14日更新)