2年振りに甲子園の土を踏む市立和歌山。プロ注目の小園健太投手を擁し、新チーム結成から〝日本一〟を目標に汗を流しています。半田真一監督と、中学時代にヤングリーグで日本一に輝いた主将の松川虎生捕手、小園投手の3人が大舞台に向け意気込みを語りました。(文中敬称略)

 

新チーム結成から 誓う「日本一」

── チームの特徴は。

直球、変化球を織り交ぜる小園健太投手

半田 投手を中心とする守備のチームです。小園は中学からバッテリーを組む松川のリードに全幅の信頼を置いています。「攻めの守備」を掲げ、投手はリズム良く投げ、野手は取れるアウトをきっちり取ることを意識し、練習してきました。日本一をねらえるチームになってきたと手応えはあります。

松川 基本のキャッチボール、ゴロを捕る際のハンドリングなど、しっかりボールに目を付けることにこだわってきました。それを実戦につなげます。

── 小園投手が注目されています。

小園 1年夏の県大会でストレートをねらい打ちされたので、ストレートと同じ軌道から打者の手元で変化するカットボールと2種類のツーシームに挑戦し、精度が上がってきました。昨秋以降はストレートの質を上げることに重点を置き、下半身を中心に鍛えています。最高球速を更新することより、常時140㌔台後半から150㌔台を出すことが、チームの勝ちにつながると思います。

紅白戦で投手、走者が間合いをはかる

松川 小園は力を入れるところと入れないところを使い分け、ギアを上げれば100%以上のものを出せるのが良い点。試合展開を読み、しっかりコミュニケーションを取りながらリードしたい。

半田 ストレートがかなり良くなっています。また、三振をねらうだけでなく、バックを信頼し打たせて取る投球ができてきました。小園以外に、サイドとアンダーを投げ分ける右の伊藤、左サイドの宮本、右本格派の米田と、相手の目先をかわせる投手がおり、投手をどう組み合わせるかがポイントです。

1点でも多く取るため、相手のスキをうかがう

── 攻撃面は。

松川 野手陣は強いスイングを意識し、冬場に長尺バットでロングティーをしました。ここぞという時に1本出せるバッターが増えればゲーム展開を良くできます。

半田 長打力のある松川を中心に、アベレージヒッターの田中、河渕、平林らが打線としてしっかり機能する打順を考えています。

 

── 対戦したいチームや選手は。

松川・小園 中京大中京です。畔柳亨丞投手と中学時代に試合し、1─0で勝ちました。以来、連絡を取り合っており、ぜひ甲子園で対戦したい。もちろん相手がどこでも、日本一へ高い意識を持って臨みたいです。

右方向へも大飛球を打てる松川虎生選手

── 甲子園での戦い方は。

半田 とにかく、やってきたことをきっちり出させてやりたい。優しい選手が多く、相手がヤル気をなくすようなダメ押し点を取りきれない面もありましたが、自分たちのペースで試合を進められるよう、勝負に向かう姿勢を引き出したいです。

… … … … … … … … … …

第93回選抜高等学校野球大会

 3月19日㊎から13日間、阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で開催。市立和歌山は22日㊊午前9時から、県岐阜商と対戦します。

 

(ニュース和歌山/2021年3月13日更新)