和歌山で今、注目の人物に迫る「#イマワカtalk」。新春特別版の今回は、昨秋のプロ野球ドラフト会議で、同じ高校としては初めて、バッテリーで1位指名を受けた、市立和歌山高校のふたりです。横浜DeNAベイスターズのエースナンバー「18」を背負う小園健太投手(18)と、千葉ロッテマリーンズで正捕手を目指す松川虎生捕手(18)に思いを聞きました。(文中敬称略)

 

期待の背番号

──同じ高校の投手と捕手がドラフト1位で指名されるのは初です。

小園 初めてとは知りませんでした。虎生と一緒に1位という評価をもらえてありがたい。個人的にはプロを目指し始めたころから、行くなら1位でと努力してきました。その期待にこたえたい。

松川 僕自身、1位で選んでいただけるとは思っておらず、びっくりでした。2人でプロの世界へ行きたかったので、本当に良かったです。

──背番号にも驚かされました。小園選手は「18」、松川選手は「2」です。

小園 どのチームも18番は特別な番号ですが、ベイスターズは三浦大輔監督が背負っておられましたから、特に重みを感じます。三浦監督からは「自分の番号にしていってほしい」と声をかけていただきました。

松川 健太はエースナンバーを背負って、球界を代表するピッチャーになっていくと思います。僕の2番はキャッチャーとして良い番号。「2番と言えば松川」と思ってもらえるよう頑張ります。

 

出会いは中1

──出会ったのは中学1年だそうですね。

松川 同じチームになってからです。健太の第一印象は「目つきがイカツイなあ」でした。ノックで同じグループになってもなかなかしゃべってくれなくて。

小園 僕は人見知りで、打ち解けるのに時間が掛かるタイプ。虎生の方からよく話しかけてくれたので、すぐ仲良くなれました。

──バッテリーを組んで6年、互いに尊敬できるところは?

小園 虎生は自分に対してストイック。練習1つひとつに対して課題をしっかり持って、やりきる姿勢は見習いたいです。

松川 僕自身、自分から進んで積極的に挑戦する姿勢は市高での3年間で学んだことで、これからも大事にしていきます。健太はここぞという時に100%の力を出せる勝負強さがすごい。試合中でも悪いところを修正できる能力があります。

小園 市高は選手自身で考えることを大事にしているチームです。僕も自分で色々と考えながら練習に取り組んできたから成長できました。プロは偉大な選手ばかりで、そんな先輩に質問し、吸収していくことももちろん大事だと思う一方、これからも自ら考えることをやめず、答えを探しながらやっていきます。

 

勝負の世界へ

──最後に、プロ1年目となる2022年の目標、そしてさらにその先に見据えていることを教えてください。

松川 1年目からチームの勝利に貢献し、必要とされる選手になれるよう、しっかりアピールしていきます。2、3年後が勝負の年。開幕1軍、そしてスタメンでマスクをかぶれるよう、努力します。

小園 まず、今年についてはケガなく1年間戦うことです。その中で1軍でも投げて、初勝利をつかめたらと思います。将来的には先発ローテーションの1人として、2ケタ勝利を挙げ続けられる投手を目指します。

(ニュース和歌山/2022年1月3日更新)