はじめまして。紀の国わかやま総文2021生徒企画委員会委員長の前冬磨です。全国高等学校総合文化祭、略して「総文」は、「文化部のインターハイ」と呼ばれる大会であり、全国の芸術・文化活動に励む高校生たちにとって特別な大会です。多くの高校生たちがその舞台を夢見て、日々努力をしています。

今回の担当
生徒企画委員長 前冬磨さん

 今年、この大会が和歌山にやってきます。7月31日に総合開会式とパレードが、それぞれビッグホエールとけやき大通りで開催され、文化部で活躍する高校生たちの輝く姿を見ることができます。私たち生徒企画委員会が深くかかわっているのがこの2つの開会行事になるので、ぜひ皆さんにも楽しんでいただきたいです。

 また、開会式当日から8月6日にかけて県内各地で部門別の大会が行われます。演劇、新聞、放送など、19の規定部門に、特別支援学校、英語、軽音楽という県独自の協賛部門を加えた計22部門の大会を開催します。

 現在、私たちは新型コロナウイルスによってつらく苦しい状況にあります。あらゆることが制限され、当たり前なことなんてないんだと気付きました。こんな中、大会を通じ多くの方に希望を感じていただきたい、総文にはそれだけの力があると思います。皆さんを照らす明かりとなるような大会をつくり上げます。

 また、和歌山での開催は初めてのこととなります。私は、そんな年に自分自身が高校生であること、またこうして大会にかかわることができ、大きな喜びを感じています。私たちにしかつくり得ない大会にしたいと思っています。ぜひ期待してお待ちください。

写真=みんな集まり和歌山の〝W〟でハイチーズ

(ニュース和歌山/2021年4月24日更新)