妖怪をこよなく愛する漫画家、マエオカテツヤさんが和歌山に伝わる妖怪たちの姿を描いた『マエオカテツヤの和歌山妖怪大図鑑』。2016年から始まり現在も続くニュース和歌山の好評連載が一冊になりました。

 和歌山を代表する妖怪のひとつで子どもの姿をした「カシャンボ」、南方熊楠に取り付いたとされる「ダル」、紀州藩主徳川頼宣に和歌山城の見回りを命じられた「天狗」、熊野灘で捕らえられた身体が亀で顔が人間の「豊年亀」と古くから和歌山に伝わる妖怪、道路を車と併走する「ターボ婆さん」や「ふとん敷き婆」ら都市伝説で出没が噂される妖怪ら全70を描き、その伝承や逸話を紹介します。

 また、烏天狗の頭骨や天狗の腰掛石といった今も和歌山に残る妖怪の痕跡を伝える「わかやま不思議瓦版」や、出没地マップのページも。和歌山の自然と歴史、そして不思議が伝わる一冊です。

【著者プロフィール】
 マエオカ テツヤ
 1967年和歌山市生まれ。1989年に月刊『マンガタイム』で「フクザツ・THE・乙女心」でデビュー。スポーツニッポン紙上の「おじゃま天狗」の連載などを経て、活動拠点を和歌山に。テレビ、ラジオの司会はじめ、桂枝曾丸の和歌山弁落語の創作も手掛ける。著書『持ち歩きぺらぺら和歌山弁』。放送芸術学院、大阪アニメーションスクール専門学校特別講師。2017年度県知事表彰受賞

●A5変形判、オールカラー、160ぺージ。税込み999円

※このサイトのほか、ニュース和歌山や次の書店で取り扱っています
【和歌山市】宮脇書店ロイネット店、宮脇書店和歌山店、TSUTAYA WAYガーデンパーク和歌山店、TSUTAYA WAY和歌山高松店、WAY書店TSUTAYAオークワ本社店、イオン和歌山未来屋書店、くまざわ書店和歌山MIO店、帯伊書店、宇治書店、松木書店、太田書店、紀州屋、本屋プラグ、県立博物館、和歌山市観光土産品センター、ブックユー
【海南市】TSUTAYA WAY海南店、福岡書店、ブックス青天堂
【岩出市】WAY書店TSUTAYA岩出店、WAYミレニアシティ岩出店、荒尾成文堂、林書店
【紀の川市】宮井平安堂貴志川店、TSUTAYA WAY打田店、きぬや書店
【田辺市】WAY書店パピリオンシティ田辺店、TSUTAYA WAYオーシティ前田辺店、あおい書店
【白浜町】南方熊楠記念館
【新宮市】TSUTAYA WAY新宮仲之町店、スーパーセンターWAY南紀店
【その他】TSUTAYA WAY橋本、WAY湯浅、TSUTAYA WAY有田川、WAY書店TSUTAYA美浜、WAYロマンシティ御坊店、、TSUTAYA WAY串本店、WAY熊野店